コラム

vol. 006

女性と「冷え性」について

今回は女性の大敵、「冷え性」についてお送りします。
11月も末となり、寒暖の差が激しい季節になってきました。
女性の中には、冷え性で手足の冷えを実感しはじめた方もいらっしゃるのではないでしょうか?冷え性といいますが、実は手足だけが冷えているというわけではなく、体の中、つまり『内臓』が冷えているために手足(末端)を犠牲にしているかたも大勢おられます。
生理痛のひどい方においても、体(内臓)が冷えているということが考えられます。
内面的要素としては内臓からきている影響が多く考えられています。
生理痛を軽くする漢方薬の中には、温める力を持つ生薬が含まれています。
例えば、当帰芍薬散。この漢方薬の中には、当帰、芍薬など血をまして体を温め潤わせてくれる生薬が含まれています。
生薬、漢方薬も良いのですが、まず薬に頼らずに生活習慣を変えるだけでも、随分楽になる方も多くいらっしゃいます。毎日の行動、心がけが重要となってきます。
次回は、冷え性に対抗するための生活習慣についてお送りします。