コラム

15

セルフメディケーションって?

 「セルフメディケーション」、聞いたことはあるけれど。横文字はいまいちよく分からないという方もいますね。
今回は、用語の解説として、「セルフメディケーション」について基本的な内容を綴ります。

「セルフメディケーション」とは「自分自身の健康を意識・責任を持ち、軽度な不調は自分で手当て・管理すること」です。
「?」とこれってと思う方もいられるかもしれませんが、実はとても単純で普段から皆さんも意識していることです。
横文字になるとややこしく聞こえてしまうだけで、普段から皆さんもちょっと脂っこいものは避けよう、昨日はお肉だったから今日は、ヘルシーなものになど、自然とセルフメディケーションしていますよね。
その中には、一般用医薬品と呼ばれるお薬を、自分で選択し、上手に活用していくという意味合いも含んでいます。
お薬も選択しながら、理解を深め、上手に活用することで、初期症状で改善し、永く健康でいられるように心がけましょう。

体には、病気を予防したり、病気やけがなどから回復するための力(自然治癒力)が備わっています。お薬はご存知のとおり体力の回復や、症状をやわらげたりと自然治癒力を助けるのに役立ちます。
ただ、何でも飲んでみればいいという物ではないので、わからないことがあればしっかり確認し理解した上で、上手に活用しましょう。